2009年11月16日月曜日

新王者フォアマンを直撃。「石田戦はビジネス次第」


 パッキアオ-コット戦のリングで、王者ダニエル・サントスを下してWBA世界Sウェルター級王者に就いたユーリ・フォアマン。同級暫定王者・石田順裕(金沢)の新しいターゲットになった。試合後の会見場で記者の取材に快く応じてくれた。
 単刀直入に正規☓暫定王者の統一戦の可能性をたずねると「私は彼(石田)を待っている。ただボクシングはビジネスの要素が強いから、選手がいくらやりたくてもプロモーターが動かないことには始まらない。でもグッドファイトを約束するよ」とコメント。
 日本のボクシングに関してはアマの国際大会レベルの知識しかないそうで、当然、石田の情報も今のところ皆無。それでも次のようなメッセージを送ってくれた。
「我々が対戦すれば、私がいい選手であると痛感するでしょう。あなたのキャリアが成功を収めることを祈っています。おそらく我々は戦うことになるでしょう。でもサプライズが起こっても驚かないでください」
 フォアマンの略歴だが、旧ソ連ベラルーシ出身で、10歳の時、ルーツであるイスラエルへ移住。1999年アメリカへ移り、01年ゴールデングローブ王者に。アマ戦績は74勝6敗。翌02年プロ転向。自身も周囲もイスラエル人初の世界チャンピオンであることを強調している。(三浦勝夫)

1 件のコメント:

  1. 賃金オンラインでパートタイムの機会が増加、貯蓄!
    自分にチャンスがそれを理解するよ!
    無料ホームページで入手、パートタイム情報ネットワーク
    http://sn.im/vemma_an
    グッド〜は良い1日毎日、あなたと一緒に幸せにきただけ

    返信削除